WJTOG図書室 蔵書No.06-1

WJTOG肺がん市民公開講座 in 北九州−肺がんになったらどうする?− 編集 WJTOG広報部 (2006.11.11発行)

肺がんになったらどうする”


御注意
はじめに


 この記録は平成18年9月3日に北九州市の国際会議場においてNPO西日本胸部腫瘍臨床研究機構が西日本新聞社と共催した市民公開講座「朝日肺がんフォーラム-〜肺がん患者さんと向き合うということ〜」の討議録です.内容は平成18年9月3日の時点で最新のことが述べられていますが,その後新たな知見が加わり状況が変わっている場合もあります.統計学的な数字や根拠は複数にわたるものがあり,その中から講演者が適切と判断した報告や論文を引用しており,他の報告と一部異なる場合もあります.また限られた情報と時間内での講演と質疑応答であり,回答者の答えが十分に回答者の意を尽くしてわかりやすく述べられていないこともあります.より詳細なお問い合わせなどは、現在受診されている担当医の先生にお聞きくださることをお勧めします.


“肺がんになったらどうする”(飯塚病院 山本英彦)

最初に、今回の市民講座を主催させていただきますWJTOG(西日本胸部腫瘍臨床研究機構)についてご説明をさせていただきます。WJTOGは2001年9月1日に発足致しました。今日が9月3日ですのでちょうど5歳の誕生日を迎えたことになります。我々のグループは西日本で肺がん治療を積極的に行っている病院の専門医師の集まりで、肺がん治療について主に臨床試験を通じて、肺がんの最良の治療は何かを研究している団体です。NPO(特定非営利活動法人)であり、肺癌の標準的治療の確立と肺癌予防に取り組む専門家医師を中心としたボランティア集団で、自分達の研究データ世界に発信していこうというグループであります。

早速、「がん細胞ってなに」というお話からさせていただきます。皆様はがんについてどういうイメージをお持ちでしょうか。がんになったら死んでしまう、恐ろしいそういうイメージをお持ちだと思います。確かに癌は日本人の死因の第1位を続けていますが、最近では医学の進歩により治ることも多くなり、また有効な治療法やお薬など今日は明るい話題も紹介させていただけると思います。がんにはどうしてなるのでしょう。がん細胞は正常細胞の中から遺伝子の突然変異によって生まれます。人間のからだの細胞は常に新陳代謝をおこなっています。細胞はある一定の回数、分裂を繰り返すと自然に死んでしまいます。皮膚の細胞を思い浮かべていただくといいですが、皮膚の細胞は古くなった細胞が死んで垢となって、その下から新しい細胞が生まれて、つやつやの肌を保っています。この古くなった細胞が死なずに増殖を繰り返すと体にとっては都合の悪いことになってしまいます。正常細胞の中から遺伝子の突然変異によって生まれまたこのがん細胞は周りの組織を破壊し、増殖し続けます。さらにこれが、別の場所にまで移動して増殖し、転移と言われる状態になります。がん細胞があちこちでどんどん大きくなって、正常の働きをする細胞の栄養を奪い取り、最終的に死に至ことになります。肺炎や結核など他から病原体が体に入ってくれば、体の中の免疫細胞がこれを異物として認識して排除させる機能がありますが、正常細胞から発生するがん細胞は、免疫細胞が異物としてみつけるのは難しい。このため免疫系という体の防衛反応をかいくぐったがん細胞は生体が死に至らしめるまで増殖を繰り返すことになります。

がんになったら命を落とすことになってしまうということが多いのですけれど、このスライドは、わが国での死亡原因の移り変わりを示したものです。1950年、戦争の終わった頃は、結核で亡くなる方が一番多かったのですが、その後結核の死亡率は急激に下がり、代わって脳血管障害で亡くなる方が一番多くなりました。脳出血や脳梗塞です。その後も脳血管障害や心臓病で死ぬ人の割合は大きくなっていたのですが、塩分制限などの食事制限、生活習慣改善などで徐々に減少してきました。一方、がんの死亡率は上昇の一途をたどり、1980年には死亡原因の第1位を占めるようになってきました。その後も、がんで亡くなる方が増え続け2位以下をどんどん引き離しています。


それでは、どのがんになって命を落とすことが一番多いのでしょうか。これは平成15年のデータですけれども、肺がんで亡くなった方がトップになっています。実は数年前までは胃がんがトップでしたが、現在では男女合わせると肺がんで亡くなる方が一番多くなっています。この原因は一つ