WJTOG図書室 蔵書No.05-4

〜肺がんの標準治療と最新治療〜 編集 WJTOG広報部 (2005.1.15発行)

肺がんの内科治療、抗がん剤の治療について


御注意
はじめに
 この記録は平成16年11月23日に大阪市のMIDシアターにおいてNPO西日本胸部腫瘍臨床研究機構が朝日新聞社と共催した市民公開講座「朝日肺がんフォーラム-〜肺がん患者さんと向き合うということ〜」の討議録です.内容は平成16年11月23日の時点で最新のことが述べられていますが,その後新たな知見が加わり状況が変わっている場合もあります.統計学的な数字や根拠は複数にわたるものがあり,その中から講演者が適切と判断した報告や論文を引用しており,他の報告と一部異なる場合もあります.また限られた情報と時間内での講演と質疑応答であり,回答者の答えが十分に回答者の意を尽くしてわかりやすく述べられていないこともあります.より詳細なお問い合わせなどは、現在受診されている担当医の先生にお聞きくださることをお勧めします.


演 題:肺がんの内科治療、抗がん剤の治療について
演 者:山本 信之(静岡県立静岡がんセンター呼吸器内科部長)

 こんにちは。私からは肺がんの内科治療、特に抗がん剤治療についてご説明いたします。今まで福岡先生と光冨先生からいろいろなお話がありました。内容が一部重複しますが、そこはおさらいだと思ってお聞きください。
 現在、肺がんが発見された時点で約60%の患者さんは残念ながら手術ができない進行がんだと言われています。そこで肺がんの治療法をどうやって選択するのかというと、小細胞肺がんと非小細胞肺がんに大きく分けられ、これによって治療法が違ってきます。小細胞肺癌であれば抗がん剤治療が中心になりますし、非小細胞肺癌では手術が中心になってきます。またがんがどれくらい広がっているかによってもだいたいの治療方針が成り立ちますが、選択された一番いい治療法に耐えられる体であるかどうか等々を勘案して治療法が決まっていきます。

 肺がんの特徴
 肺がんの種類には大きく3種類、腺がん、扁平上皮がん、小細胞肺がんがあります(注:その他に少数ですが大細胞がんがあり4種類に分ける場合もあります)。腺がんと扁平上皮がんを合わせて非小細胞肺がんと呼んでいます。小細胞肺癌がんは全体の15%くらいですから、通常皆様方が肺がんといったときには多くはこちらの非小細胞肺がんで、腺がんか扁平上皮がんになってきます。腺がんの特徴は日本で一番多い肺がんであること、タバコを吸う方もなりますが吸わない方もなりやすい、そして肺の端にできやすいので、症状が比較的出にくいと言われています。扁平上皮がんはタバコを吸う人になりやすく、肺の真ん中のほうにできやすいがんです。そのために比較的早期の段階から例えば血痰が出たり咳が出たり、症状が出やすい。小細胞肺がんは進展が非常に早いので、このがんが見つかったときにはかなりの範囲に転移していたり進展していたりすることが多い。逆に先程申し上げましたように、抗がん剤によく効くという利点があります。

 がんの病期について先程光冨先生から話がありましたが、簡単に復習をします。肺の中にがんができた場合、他に何もなければI期といいます。がんがその近くのリンパ節まで転移していくとII期といいます。さらに縦隔のリンパ節まで転移した場合をIIIA期、さらに進んで同じ体の中心部でも反対側、例えば右の肺葉にがんがあった場合に左側の縦隔に転移したり、鎖骨付近のリンパ節のように離れたリンパ節まで転移が進むとIIIB期といいます。最終的に他の肺や肝臓に転移するとIV期と呼んでいます。がんの進み具合によって病期が分けられ、通常内科で治療する進行がんはIIIA期の一部とIIIB期、IV期と定義されています。

 もう少し詳しく見ていくと、左の肺野にがんあって右のリンパ節まで転移した状況をIIIB期といいますが、さらに胸水がたまったり、がん細胞が胸水中にあればこれもIIIB期といいます。がんが他の臓器に転移すればIV期ですが、転移の好発部位として脳、肝臓、骨、腎臓の上にある小さな副腎という臓器、肺の中など肺がんが転移しやすい場所はだいたいわかってきています。そこで肺がんの治療を行う際には頭から胸、腹までのCTを撮って転移がないかどうかを調べます。

 がんの進展
 肺がんが転移するということはどういうことか。例えば右の肺から左の肺にがんが移るとき、空気で移ることまずありません。がん細胞は血管の中に入って、血流に乗って他の肺に移るもしくは肝臓などで大きくなります。がん細胞が通常人の目で見える1cmぐらい大きくなると今のCTでもわかりますが、10億個のがん細胞が集まらないとこの大きさにはなりません。血液の中に入ってがん細胞は転移することを考えれば、1つでも転移巣が見つかった場合、がん細胞は既に血液の中に入っていて、目に見えない転移が体のあちこちにある可能性があります。ですから話を戻して、このように転移がいくつかあると、その転移場所だけを切り取っても目に見えない転移があるので、がんを治す、もしくは寿命を延ばすことにはつながりません。この場合、目に見えないがん細胞も抑えなければならないので、抗がん剤による治療が必要になります。

 これも福岡先生のスライドにありましたが、進行がんの治療は目に見えない転移が体の中にある可能性が高いので、全身的な抗がん剤治療が中心になってきます。進行がんにはIII期からIV期もしくは手術後の再発例が含まれます。こういうときに抗がん剤治療が必要になってきます。

 ただ残念ながら肺がんの場合、今使える抗がん剤で治癒できる可能性はそんなに高くありません。例えば小細胞肺がんでは20〜30%の患者さんは放射線と一緒に併用することによって手術をせずに治ることが望めますが、その他の大多数の患者さんではがんを治しきるのは非常に難しくなります。ですからがんをなるべく大きくさせないもしくはがんに伴う症状を起こさせにくくするというのが抗がん剤治療の現時点の目標になってきます。

 ただその治療効果を得るためにはいろいろな副作用をがまんしなければなりません。抗がん剤はもともと毒ガスから発見されたもので、全身に対する毒性を緩めてがんにだけ効かせようと改良された薬ですから、まず普通の薬と違って副作用は必発です。

 副作用として細菌をやっつける白血球が少なくなったり貧血になったり、肝臓や腎臓が傷んだり、このようなものは血液検査でわかります。この他に血液検査でわからないものとして吐き気、下痢、便秘、脱毛等々があります。これらの副作用は抗がん剤の種類によって出方は違いますが、必ず出てきます。問題は個人差が大きいことです。ほとんど出ない軽い人もいる代わりに非常に強い副作用が出る人もまれにいらっしゃいます。
 先程光冨先生は外科手術で亡くなる率は1%以下とおっしゃいしまたが、抗がん剤は手術と同じくらい危険です。我々が抗がん剤をやっても大丈夫と考える患者さんに抗がん剤を投与しても、やはり抗がん剤によって0.数%〜1%弱亡くなる方がいます。そのあたりを十分注意して治療を続けていく必要があります。
 それぞれ副作用が出てくる