WJTOG図書室 蔵書No.05-2

〜肺がんの標準治療と最新治療〜 編集 WJTOG広報部 (2005.1.15発行)

「標準治療と最新治療とは?」


御注意
はじめに
 この記録は平成16年11月23日に大阪市のMIDシアターにおいてNPO西日本胸部腫瘍臨床研究機構が朝日新聞社と共催した市民公開講座「朝日肺がんフォーラム-〜肺がん患者さんと向き合うということ〜」の討議録です.内容は平成16年11月23日の時点で最新のことが述べられていますが,その後新たな知見が加わり状況が変わっている場合もあります.統計学的な数字や根拠は複数にわたるものがあり,その中から講演者が適切と判断した報告や論文を引用しており,他の報告と一部異なる場合もあります.また限られた情報と時間内での講演と質疑応答であり,回答者の答えが十分に回答者の意を尽くしてわかりやすく述べられていないこともあります.より詳細なお問い合わせなどは、現在受診されている担当医の先生にお聞きくださることをお勧めします.



演 題:「標準治療と最新治療とは?」
演 者:福岡 正博(近畿大学医学部内科学腫瘍内科部門教授)

 講演に先立って、私どものWJTOG(西日本胸部腫瘍臨床研究機構)について説明いたします。

WJTOGは非営利特定活動法人(NPO法人)として活動しております。西日本と申しますが、全国から現在100を超える病院や大学の先生方に加わっていただいて、胸部腫瘍である肺がんが中心に、その治療成績を向上させるために実施されるいろいろな臨床試験の支援、それから肺がん患者さんの支援、肺がん撲滅の啓蒙活動、肺がん治療の専門医を育てる活動をしています。

その他に、肺がんの治療成績を向上させるために薬を開発するだけでなく、そのもととなる基礎研究も支援しています。きょうの市民公開講座もこのような活動の一環として開催しております。

 そこで私の講演に戻ります、「標準治療と最新治療とは?」。「標準治療」も「最新治療」もよく新聞で目にされる言葉だろうと思います。それはどう違うのか、よく混同されています。

 「がんの治療とは」
がんはたくさんあります。できる場所を原発巣といいますが、肺、胃、肝臓など原発巣の部位によってそれぞれ治療法が違います。ですから肺にがんができて、それが脳や肝臓や骨に転移した場合でも、これはすべて肺がんと考えて肺がんの治療をします。


 がんの治療を行う場合、どういうことをもとにして行うか。まず肺がん、胃がん、大腸がんなどがんの種類、そしてそれぞれのがんの病理組織型、肺がんであれば腺がんや扁平上皮がん、小細胞がんなどに分類されます。それからがんの進行度。これはがんの大きさと広がりから分類されます。3cmを超えているかどうか、あるいは肺がんであれば近くの心臓にくっついているかどうか、胸の外に出ているかどうかということです。それから転移の有無、リンパ腺に転移しているかどうか、脳や肝臓のように遠くの臓器まで転移しているかどうか。どこまで進行しているかによって治療方針を決めます。

 また患者さんの状態によっても治療方針が変わってきます。年齢に関してはあまりに高齢であれば手術ができないこともあります。体力、一般状態など患者さんの状態を4段階に分けて考えます。また多くの患者さんは高齢の方が多いのでいろいろな病気、例えば肺気腫や糖尿病という病気を持っていることがあります。また心臓の病気を持っていると手術がしにくいということもあります。
肺がんの主な治療方法
 治療法を決める場合には先程の病理組織型から、私どもは肺がんを小細胞肺がんと非小細胞肺がんの2つに大きく分けて考えます。この2つで治療法も化学療法に使う抗がん剤の種類も全く異なってくるからです。肺がんの85%は非小細胞肺がんで、15%足らずが小細胞肺がんです。非小細胞肺がんは早く見つけて手術をすることが大事ですが、小細胞肺がんの場合にはどの段階でも化学療法、すなわち抗がん剤による治療が中心になってきます。後で光冨先生と山本先生から手術療法と化学療法について詳しいお話が出てくると思います。

 抗がん剤の話を少ししておきます。肺がん治療に使われる薬を日本とアメリカで比べてみると、アメリカも日本も使われている薬にはほとんど変わりありません。色を変えているものは日本で使われていてアメリカで使われていない薬、これはアメリカで使われていて日本で使われていない薬です。

アメリカで使える薬でまだ日本で使えないのはペメトレキセート pemetrexed という新しい薬です。これも来年か再来年には日本で使えるようになります。日本では抗がん剤で使えない薬があるとよく言われますが、肺がんに関してはそういうものはほとんどありません。ここに書いてあるゲフィチニブ(商品名イレッサ)を皆様方は新聞等でご存じだと思いますし、使っている方もいらっしゃると思いますが、イレッサと呼ばれる薬はどちらかというと日本で先に使えるようなって、アメリカでは1年遅れで使えるようになった薬です。
 標準治療とはどういうものか
 皆様方はEBMという言葉を耳にされたことがあると思います。これは Evidence Based Medicineの略で、根拠に基づいた治療と訳されています。この根拠とは臨床試験による根拠を示します。私はかなり歳をとっていますので、「あの先生の言うことは長年の経験から正しい」という医師個人の経験に基づくものではなくて、大規模な臨床試験によって得られた証拠に基づいて行われる治療が標準治療となります。EBMに基づいて最近では治療のガイドラインが作られています。これは誰でもどこでも同じような治療が受けられるように作られています。しかしながらこの標準治療は日進月歩で、毎日のように変わっています。一冊のガイドラインができてももう数カ月後には変わっていることがしばしばあります。そこは十分注意して最新の標準治療を知っている先生、その治療ができる先生にかかることが大事です。

標準治療となるためには臨床試験でエビデンスが得られていること、その有効性が確認されていることが必要です。一般的に抗がん剤の場合、1つの抗がん剤を使うことは非常に少なく、既に市販されている抗がん剤と組み合わせて併用療法で治療をしていきます。その併用の仕方についても比較試験を行って証拠を得ています。
 臨床試験という言葉をしばしば聞かれると思います。薬が治療に使えるようになるには、動物で確かめて、さらに人で有効性や安全であるということを調べる臨床試験を経