WJTOG図書室 蔵書No.04-2

〜肺がんの標準治療と最新治療〜 編集 WJTOG広報部 (2005.1.15発行)

WJTOGの目的と肺癌撲滅デー


御注意
はじめに
 この記録は平成16年11月23日に大阪市のMIDシアターにおいてNPO西日本胸部腫瘍臨床研究機構が朝日新聞社と共催した市民公開講座「朝日肺がんフォーラム-〜肺がん患者さんと向き合うということ〜」の討議録です.内容は平成16年11月23日の時点で最新のことが述べられていますが,その後新たな知見が加わり状況が変わっている場合もあります.統計学的な数字や根拠は複数にわたるものがあり,その中から講演者が適切と判断した報告や論文を引用しており,他の報告と一部異なる場合もあります.また限られた情報と時間内での講演と質疑応答であり,回答者の答えが十分に回答者の意を尽くしてわかりやすく述べられていないこともあります.より詳細なお問い合わせなどは、現在受診されている担当医の先生にお聞きくださることをお勧めします.

テーマ〜肺がんの標準治療と最新治療〜

主催者挨拶
近畿大学医学部教授 WJTOG 会長 福岡正博先生

WJTOGの目的と肺癌撲滅デー
 皆さん、こんにちは。きょうは皆様方にはお休みのところたくさんおいでいただき、まことにありがとうございます。いまご案内ございましたように、朝日肺がんフォーラムも第3回を数えるようになりました。私どものWJTOGは肺がんの患者さんと家族の方あるいは一般市民の方に、肺がんとはどういうものか、肺がんにかかった場合にはどうしたらいいのか、あるいはかからないためにはどうしたらいいのかなど肺がん撲滅を目指していろいろな事業をやっております。その事業の一環として東京と大阪でこのような会も開催しております。またお手元にバッジが配られたと思いますが、世界肺がん学会は今月を肺がん撲滅月間、そして今月17日を撲滅デーと取り決めております。
 肺がんは皆様方もご存じのように、がんの中で最も死亡率が高く、死亡者数も多い疾患です。未だになかなか治りにくいと