WJOG図書室 蔵書No.05

〜肺がんの標準治療と最新治療〜  編集 WJOG広報部 (2005.1.15発行)


はじめに
 この記録は平成16年11月23日に大阪市のMIDシアターにおいてNPO西日本がん研究機構(旧NPO西日本胸部腫瘍臨床研究機構)が朝日新聞社と共催した市民公開講座「朝日肺がんフォーラム-〜肺がん患者さんと向き合うということ〜」の討議録です.内容は平成16年11月23日の時点で最新のことが述べられていますが,その後新たな知見が加わり状況が変わっている場合もあります.統計学的な数字や根拠は複数にわたるものがあり,その中から講演者が適切と判断した報告や論文を引用しており,他の報告と一部異なる場合もあります.また限られた情報と時間内での講演と質疑応答であり,回答者の答えが十分に回答者の意を尽くしてわかりやすく述べられていないこともあります.より詳細なお問い合わせなどは、現在受診されている担当医の先生にお聞きくださることをお勧めします.

テーマ:〜肺がんの標準治療と最新治療〜 (クリックすると詳細な内容にジャンプします)

目次

主催者挨拶 WJOG会長 福岡正博

第1部 講演
講演1 標準治療と最新治療とは?
 福岡正博先生 近畿大学医学部教授
講演2 肺がんの外科治療について
 光冨徹哉先生 愛知県がんセンター胸部外科部長
講演3 肺がんの内科治療(抗がん剤治療)ついて
 山本信之先生 静岡がんセンター呼吸器内科部長