WJTOG図書室 蔵書No.03-3

肺がんと向き合うために 編集 WJTOG広報部 (2004.3.15発行)

「進行肺がんの治療とは」


御注意
 この記録は平成15年11月16日に大阪市のMIDシアターにおいてNPO西日本胸部腫瘍臨床研究機構が朝日新聞社と共催した市民公開講座「朝日肺がんフォーラム-肺がんと向きあうために」の討議録です.内容は平成15年11月16日の時点で最新のことが述べられていますが,その後新たな知見が加わり状況が変わっている場合もあります.統計学的な数字や根拠は複数にわたるものがあり,その中から講演者が適切と判断した報告や論文を引用しており,他の報告を一部異なる場合もあります.また限られた情報と時間内での講演であり,講演内容が十分に講演者の意を尽くしてわかりやすく述べられていないこともあります.より詳細なお問い合わせなどは、現在受診されている担当医の先生にお聞きくださることをお勧めします.

テーマ:肺がんと向きあうために

「進行肺がんの治療とは」
近畿大学医学部内科学腫瘍内科部門教授 福岡正博

 近畿大学腫瘍内科の福岡と申します.腫瘍内科というと聞き慣れない科のように思われますが,最近はがんの治療を専門にする内科ができてきまして,主に抗がん剤治療を行う医師を指します.
 先ほど,早期の肺がんは5年生存率が70%に達するとのお話しがありましたが,実は手術の可能な早期の肺がんは肺がん全体の4分の1に過ぎません.肺がん患者さんの約75%は進行肺がんで見つかります.それだけ肺がんを早期に見つけるのが難しいということです.進行肺がんとは,単純にいうと臨床病期III期,IV期で、手術できない肺がんです.III期は,がんが胸に留まってはいるものの,縦隔リンパ節や,大血管,食道,気管に大きく広がってしまった状態をいいます.IV期は,肝臓や,脳,骨など他の臓器に転移した状態を表します.このような状態では手術でがんを取り除くことができません.
 肺がんの治療は大きく分けて1)組織型(がんの種類),2)臨床病期,3)一般状態(他人の力を借りずに日常生活が送れるか:がん治療医はパーフォーマンスステイタス(PS)と呼びます),4)心,肺,腎,肝などの生きていく上に重要な臓器の機能,この4つが満たされて治療が決定されます.例えば,1日の50%以上をベッドで横になっておられる方には抗癌剤は使えないわけですね.
 そしてがんの治療には標準的治療と研究的治療があります.標準的治療というのは,EBM(根拠に基づいた医療)によって行われる治療です.一方,研究的治療は新しい治療法を開発するための臨床試験です.標準的治療が確立されるためには,研究的治療が行われて,この治療がいいということが検討されてはじめて標準的治療になります.ですから標準的治療が行われるためには,その前に必ず研究的治療が必要なのです.皆さんは,今から受けようとする治療が標準的治療なのか研究的治療なのかをよく見極めて治療を受けていただきたいと思います.標準的治療と研究的治療でどちらがいいとか悪いとかいうことではありません.標準的治療が進歩していくためには,必ずより新しい研究的治療をしていくことが必要だからです.
 有吉先生の話の中にもありましたが,肺がんの組織型は小細胞肺がんと非小細胞肺がんに分けられます.小細胞肺がんは,進行は早いけれども,抗がん剤や放射線がよく効きます.小細胞肺がんの治療の中心は抗がん剤になります.これに対して非小細胞肺がんは,抗癌剤は効きにくいけれども早期に見つけることが可能ながんです.早く見つけて手術をするのがよいわけです.ただ,3分の2の方は手術できない進行がんです.最近は,非小細胞肺がんにも効果のある抗がん剤がいくつかでてきています.限局型の小細胞肺がんやIII期の非小細胞肺がんは,がんが胸の中に限局している状態ですから,抗がん剤と放射線を併用することが有効です.進展型の小細胞肺がんやIV期の非小細胞肺がんでは,いくつかの抗がん剤を組み合わせた併用化学療法が用いられます.併用化学療法をする場合には,副作用は非常に強いけれども効果もあるシスプラチンなどプラチナ属を含む併用化学療法がより効果があります.また抗がん剤に放射線を組み合わせた集学的治療もあります.我々腫瘍内科医は,主にこの抗がん剤と放射線を用いて治療しているわけです.
 肺がんに用いられる抗がん剤には,色々な種類のものがあります.シクロフォスファミド,ビンデシン,マイトマイシンというものが第1世代,シスプラチン,エトポシドが第2世代,イリノテカン,タキソール,タキソテール,ビノレルビン,ゲムシタビンというものが第3世代の抗がん剤です.抗がん剤はそれぞれ効き方も違いますし,副作用も異なります.現在では,第2世代,第3世代の抗がん剤を組み合わせて併用療法を行っています.抗がん剤には様々な副作用がありますが,それを抑える対策も進化してきましたので以前より副作用を軽減できています.例えば白血球が減少すると,熱がでたり,肺炎や敗血症など細菌に感染するわけですがG-CSF(顆粒球コロニー刺激因子)という注射を使うことで,白血球減少は防げます.貧血に対しては,現在は一般的に輸血を行いますが,将来はエリスロポエチンという注射によって貧血を防ぐことができるようになります.アメリカではすでに貧血の防止にエリスロポエチンが使われています.また,シスプラチン