WJTOG図書室 蔵書No.03-1

肺がんと向き合うために 編集 WJTOG広報部 (2004.3.15発行)

「肺がんとはどのような病気?」


御注意
 この記録は平成15年11月16日に大阪市のMIDシアターにおいてNPO西日本胸部腫瘍臨床研究機構が朝日新聞社と共催した市民公開講座「朝日肺がんフォーラム-肺がんと向きあうために」の討議録です.内容は平成15年11月16日の時点で最新のことが述べられていますが,その後新たな知見が加わり状況が変わっている場合もあります.統計学的な数字や根拠は複数にわたるものがあり,その中から講演者が適切と判断した報告や論文を引用しており,他の報告を一部異なる場合もあります.また限られた情報と時間内での講演であり,講演内容が十分に講演者の意を尽くしてわかりやすく述べられていないこともあります.より詳細なお問い合わせなどは、現在受診されている担当医の先生にお聞きくださることをお勧めします.

テーマ:肺がんと向きあうために

WJTOG会長挨拶
県立愛知病院院長,WJTOG会長 有吉 寛

 本日は,肺がん撲滅デー記念朝日肺がんフォーラム,「肺がんと向き合うために」,にご参集いただきありがとうございます.私は,朝日新聞社とともにこのフォーラムを共催いたしますNPO西日本胸部腫瘍臨床研究機構の会長をいたしております有吉と申します.よろしくお願いします.肺がんは今や日本で最も多い死亡数を示しており,非常に大きな社会問題になっています.私が医師になった昭和40年頃には,がん全体で治るがんは40%ほどしかないという状態でした.ちなみに治るというのはがんになってから5年は生きるということです.それが現在では治るがんは55〜60%になり,40年かかってやっと10数%の改善をみたのです.このように治るがんが増えたのは,この間の医学の発展もありますが,実は特定の医学的技術によって治ったというよりは,一般の方のがんに対する意識が進歩して,早期発見,早期治療ができるようになったからなのです.これは,何を意味しているかというと,私どもが社会に対してアプローチすることがいかに大切かということを意味しています.最近,日本全国の病院で,第3者による病院評価として病院機能評価を受けるようになってきています.この評価のポイントは,社会(患者さん側)からの視点で病院運営,病院管理が求められていることです.私の病院も過日,この病院機能評価を受けたわけですが,医療関係者がいかに社会を意識することが難しいか,そしてその重要性を感じた次第です.そのような観点に立って,私どもNPO西日本胸部腫瘍臨床研究機構は,少しでもいい肺がんの治療をしようと,患者さんの立場にたったいい医療を提供できるような環境を作ろうということで,肺がんの研究のために全国から多くの病院が集まって作られた機構です.それと同時に我々の知識をできるだけ多くの肺がんの患者さんに提供し,少しでも肺がんをなくそうという趣旨で活動しています.このたび朝日新聞と協力してこのような会を催しましたのも,そういう意味合いからです.少しでも皆様方のお役に立てれば医療をする側にとってこれほど喜ばしいことはございません.本日のこの会が,皆様の健康のために,肺がんを撲滅するためにお役にたてることができればと願ってやみません.本日はよろしくお願いいたします.

第1部 講演
「肺がんとはどのような病気?」 愛知県立愛知病院院長 有吉 寛先生

 私が今からお話ししますのは,肺がんについての簡単な概要です.まず「肺がんはどのような病気?」ということですが,これは一言で簡単に言えば「肺にできたがん」ということになります.皆さんにお配りした資料に肺の構造図があります.肺は,左右にあり,この構造図で皆さんから向かって左にあるのが右肺,右にあるのが左肺になります.ちょうど向かい合う形になりますから,左右逆になるわけです.左右それぞれの肺には,息をした際に空気が肺まで通っていく気管支があります.この気管支の表面(粘膜)にできたがんが肺がんです.
 一般にがんには2つの大きな特徴があります.一つはがん細胞が無限に,際限なく増殖すること,もう一つは,ある臓器のがんが他の臓器などに転移することです.すなわち,がんは際限なく大きくなって,本来生きていく上に必要な栄養を横取りしてしまうこと,そして転移した先で,その臓器の機能を麻痺させて人の命を奪ってしまうのです.ここで数字を覚えておいて頂きたいのですが,人体は約60兆の数の細胞からできています.そしてがんが1cm四方の大きさになったとき,がんの細胞数は約10億個といわれています.これだけの数になってやっと,私たち人間はレントゲンや超音波などの検査でがんができたと認識できるのです.このがん細胞が際限なく増殖して,何百億,何千億個になったときに死が訪れるのです.ではどうしてがんができるかというと,一番最初に,ひとつの細胞の中に核があって,その中のDNAに傷がつくと,先ほど説明したがんとしての2つの大きな性格が形成されるわけです.そしてここから増殖が始まります.さらに,環境ががんの増殖に都合がよいとどんどん増えていくことになります.よく誤解されますが、肺にできたがんが肺がんであって,他の臓器でできたがんが肺に転移しても,肺がんとはいいません(他から転移してきたので転移性肺がんということはありますが).例えば大腸がんが肺に転移したものは肺がんではありません,がんは一番最初にできた